「あさ」

吉村 和敏

2008年7月14日(月)~7月26日(土)
open 10:00 - close 19:00
*最終日は16:00まで、20,21日休廊

080714.jpg


夜が明けて朝がくるというのは、あたりまえのようでいて、実はすごくすてきなこと…。右から読むと詩集、左からみると絵本という新しい形の写真絵本「朝」から大全紙12点のファインプリントをご覧いただきます。
(「朝」= 単行本: 57ページ/出版社: アリス館/ISBN-10: 4752002779 )


吉村 和敏
1967年、長野県松本市生まれ。写真家。20歳のときプロの写真家を目指し、単身カナダへ渡る。アトランティック・カナダ4州、なかでもプリンス・エドワード島に強く魅せられ、暮らしながら写真を撮り続ける。現在は東京に拠点を置き、北米を中心に、ヨーロッパ、オセアニア各国の取材も精力的に行っている。
2003年 カナダメディア賞大賞受賞
2007年 写真協会賞新人賞受賞

谷川 俊太郎
1931年、東京生まれ。詩人。21歳のとき、第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。以後、詩のほかにも、エッセー、童話、脚本、翻訳など幅広く作品を発表し続ける。「月火水木金土日の歌」でレコード大賞作詞賞(1962年)、『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞(1975年)、「日々の地図」で読売文学賞(1983年)、『世間知ラズ』で萩原朔太郎賞(1993年)など、数多くの賞を受賞

 

最終更新 2008/08/25 19:45
 

Copyright 2000-2017 NADAR, All rights reserved/hosted and managed by mitikusa.info