「私。」

参加者8名

2006年9月4日(月)~9月16日(土)
open 10:00 - close 19:00
*最終日は16:00まで、10日休廊

060904.jpg

「私」という存在は、いちばん身近でありながら、いちばん不可解な存在です。「私」という存在は、いちばん身近でありながら、いちばん不可解な存在です。
手の内にいながら、手の外は解らないのと同じように、自分を自分の視点から
客観的に見るというのは、とても難しいものです。
普段私たちは、他者を媒介して自分を見ています。
多くの他者に映っている多くの自分を見て、
自分と思われるひとつの像を作り出しているのです。
その他者を写真に置き換えて、写真を媒介とすることで、
「私」という存在を見つめてみよう。それが今回のテーマです。
自分で自分を撮りながら、写真は第三者の視点を持っている。
その写真には、どんな「私」が浮かび上がるのでしょう。
参加者それぞれの「私」を、みなさんも見て、感じてください。

【参加者】
芥川咲子、大宮綾子、川崎照美、笹木加寿代、長島麻子、
林順子、宮崎昌子、横山佳世

最終更新 2006/09/19 01:08
 

Copyright 2000-2017 NADAR, All rights reserved/hosted and managed by mitikusa.info