モノクロ体験教室_(東京)

darkroom n

 

モノクロフィルムの現像からプリントまで、いちから自分の手で創り上げてみませんか。特別なカメラ、写真の知識は不要です。暗闇から絵が浮かび上がる瞬間、お気に入りの絵が一枚の写真になったときの感動。それは体験した人にしかわかりません。
2016年6月期の募集は、女性限定「女性による女性のためのモノクロ体験教室」です。


nps t1

講師も生徒も全員女性。だからこそ、感覚でわかりあえることも多く、こんなことを聞いたら笑われる?なんて心配もありません。のびのび写真を楽しめる環境です。

nps t2

わからないことがあっても授業の流れを止めるのが嫌、こんなことがわからないのは私だけでは?という不安で、ついつい質問しそびれること、ありませんか? この教室は講師との距離も近いので、質問がしやすい環境です。

 

 

darkroom

 

 

 ■日程/内容

1
回目



フィルム現像

いつもはお店に頼んで現像してもらうフィルム。それを自分の手で現像してみましょう。なんだか難しそうと思われるかもしれませんが、やってみるととても簡 単!必要な道具はもちろんすべてこちらで用意していますので、撮影済のモノクロフィルムをお持ちください。モノクロは自分で現像するのが一番です!

alt

フィルムをリールに巻く練習中

第一回目の様子はこちら


2


ベタ焼き + フォトグラム

撮影したフィルムから、さてどれをプリントしようかな。そんな時、どんな写真が写っているかまず確認するのに使うのが「ベタ焼き」です。いまで言う、インデックスプリントのようなものです。これをフィルムと一緒にまとめておくことで整理も簡単!また、フォトグラムとは、カメラを用いずに、印画紙の上に直接物を置いて感光させるなどの方法により制作された写真作品の事です。

alt

現像したフィルムを6コマずつにカットしてコンタクトプリンターにセット。

第二回目の様子はこちら

3


プリント1 (段階露光、コントラストの違い)
 

モノクロは入り口が広くて、奥が深いと言われます。それは同じフィルムからでも、プリントする人によって「濃いプリント」「明るいプリント」な どまったく違う印象を持った写真が出来上がるからです。その違いを生む理由を知って、自分が感じた印象を持つプリントを作ってみましょう。

alt
授業後、お茶を飲みながらコントラストの違いを比べています。
第三回目の様子はこちら
4回目   プリント2 (覆い焼き、焼き込み) 

プリントを進めていくと、「空はもっと濃かったのにな」とか「人の顔だけ明るくしたいな」など、そのままプリントしただけではうまく表現できない部分が生ま れてきます。それを文字通り、自分の手で濃くしたり、薄くしたりするテクニック、それが「覆い焼き」「焼き込み」です。このテクニックで、より一層、自分 の思い描いた印象に近い写真作りに挑戦してみてください。

alt

覆い焼きと焼き込みのツール。

第四回目の様子はこちら

5回目   
仕上げ(スポッティング、額装)

一生懸命仕上げた写真に、あれ?白い点が....。プリントの時に、フィルムや印画紙にホコリなどが乗っていると、その部分は白くなってしまいます。でも、大体、プリントしないと気づかないもんですよね。そんな箇所を目立たなくする、写真の仕上げに欠かせない作業が「スポッティング」です。
自分の手で創り上げた集大成の一枚、やはり飾って楽しみたいですよね。こちらで、額(マットつき)を用意しておりますので、最後にセットまでして教室は終了です。もちろん、作品はそのままお持ち帰り頂けます(額・マット代は受講料に含んでおります)ので、ぜひ家に飾って楽しみください。

 

alt


筆の先で粒子を描き足していくようなスポッティング。
第五回目の様子はこちら

 

※「女性による女性のためにモノクロ体験教室」開講時には男性はいらっしゃいません。

 

■日程:

2016年 6月8日、15日、29日。7月6日、13日。 
全て水曜日
 19:00 - 21:00

※日程は展示、講師の都合等により若干変動する場合がございます。また、台風、地震、火災、豪雨、停電、その他自然災害等の不可抗力で授業が出来ない場 合、一切の責任を負うことなく中断、停止することができるものとさせて頂きます。その場合には、他の日の授業時間延長で内容的には補足させて頂きます。

■費用:32,400円(受講料+教材費+フレーム代、税込)※分割払いも可です。ご相談ください。

■用意いただく物:

>第一回目のみ
撮影済の未現像35mmモノクロフィルム1本
※教室では富士フィルムの薬品を使いますので、フジのACROS100をお使いください。
※なお、最初のフィルム現像ですから、ムラが出来たり失敗する可能性も考えられます。ですので「絶対に失敗したくない!」というような大切なフィルムは、避けられた方がいいかと思います
※フィルムカメラをお持ちでない方には、カメラをお貸しできます。ご相談ください。

■定員:4名 (申込み先着順)最小催行人員3名。

■講師:林道子(写真家)

12年間のOL生活で仕事として広告写真の世界に接したことと、旅先のスナップ写真をつうじて写真のおもしろさに目覚め、モノクロ写真の個人レッスンを経て、写真ワークショップCORPUSに参加。そのとき講師であった森山大道さんの作品とご本人の生きざまに強烈に惹きつけられ、ますます写真の世界にのめり込む。退職後、東京工芸大学の写真学科・研究生として、あらためて写真を学ぶ。2001年より、フリーランスの写真家としてカルチャー誌などで仕事をしながら、都立高校やデザインの専門学校で「写真」の講師も務め、自身の作品制作・発表に励んでいる。

http://www.hayashimichiko.com


■場所:
林和美写真画廊 107-0062 東京都港区南青山3-8-5 岡野マンション15号室 
    ナダールではありませんのでご注意ください。


このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

お申込みが定員に達しましたので、募集を締め切りました。ありがとうございました。
■お申込み方法:
 

このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールか電話(03-5468-3618)にてご連絡下さい(お申込み際は、お名前、ご住所、お電話番号、e-mailアドレスをご連絡ください)。

お申込み・お問い合せ頂きましたメールには必ず返信させて頂きますので、返信のない場合、メールが届いていない可能性がございます。お手数ですが再度ご連絡お願い致します。なお、休廊(日祝、夏期、年末年始、担当出張)などの都合により、お返事が遅れる場合がございます。ご理解、ご了承ください。


 maigo

ezwebのメールアドレスの方は特にご注意ください!

お申込み・お問合せ頂いたメールには3営業日以内に必ずご返信させて頂きます。

3営業日以上、当店からのメールが届かない場合は、
下記の原因が考えられますので、ご確認のうえご連絡ください。

    • プロバイダが自動送信メールの受信を拒否している場合
    • ドメイン指定受信を設定している場合
  • フリーメール(gmail、hotmail、yahoo、gooなど)を利用時に受信ボックスがいっぱいの場合
    • 携帯電話のメールで受信文字数に制限がある場合

また、パソコンでご覧になることを想定し、ご返信をお送りしております。

携帯メールなど、設定や状況によっては、
メールを正しく受信できない場合がございますので
メールアドレスご記入の際にはご注意くださいますようお願いいたします。

 

 

最終更新 2016/06/01 17:53
 

Copyright 2000-2017 NADAR, All rights reserved/hosted and managed by mitikusa.info