写真家・嶋本麻利沙さんと学ぶ「女性のための写真表現講座」

 写真で表現するってどうすればいいのだろう?

fr shimamoto

写真:嶋本麻利沙

女性写真家と学ぶ「女性のための写真表現講座」、第2回は嶋本麻利沙さんを講師としてお迎えします。

この講座では、まず最初にみなさんの作品を拝見して、話し合うところから始めます。自分の写真についてだけではなく、他の参加者の写真についてだったり、自分が影響を受けた写真家・写真集について、考えたり、話したりしていきます。そうやって、自分のスタイルをみつけてもらい、今の自分の作品をより良くしていく事を目指します。また、作品についてだけでなく、見せ方、プレゼンテーションについても学びます。これから写真表現をしていきたい方、作品制作に行き 詰まりを感じている方、ぜひ受講ください。


■講師・嶋本麻利沙さんよりメッセージ

世の中は写真で溢れています。そしてその中でも自分に何か訴えかけてくるものや感動させられるものがあります。自分が撮る写真でもそうです。これはいいけど、こっちは良くないな。いったい何故でしょうか?

写真を撮るだけではなく、写真について読んだり、話したり、考えたりするのは好きですか?
写真とはなんでしょうか?
答えのでない疑問。けれど撮り続けていると、なんとなくわかったような日もあったり。そしてまたわからなくなったり。この繰り返しが私は嫌いではないです。

このワークショップでは、みんなで今撮っている写真について語りながら、作品作りのヒントをみんなで見つけられたらと思います。自分一人では気づけなかったことをみんなで客観的にみることでより深く広く自分の写真を追求できたらと思っています。

fr shimamoto02

 写真:嶋本麻利沙

本講座は、作品制作のための講座となります。絞りやシャッタースピード等写真の基礎や技術を知りたい方は「女性による女性のための写真教室」をお勧めいたします。

■日程

5月9日、6月13日、7月11日、8月8日、9月13日(全て第2土曜)、全5回。

※台風、地震、火災、豪雨、停電、その他自然災害等の不可抗力で授業が出来ない場 合、一切の責任を負うことなく中断、停止することができるものとさせて頂きます。その場合には、他の日の時間延長で内容的には補足させて頂きます。

■時間

19:00 - 21:00

■定員

8名(先着順)、最小催行人員4名。女性限定とさせて頂きます。

■受講料

32,400円(税込)

■講師:嶋本麻利沙(しまもとまりさ)

サ ンフランシ スコのアートスクールで写真を学び、卒業後はニューヨークへ渡る。作品撮りをしながらマーク・ボースウィックのインターンをし、2005年帰国。帰国後写 真集、「as is」を出版。その後フリーで雑誌、カタログ、CDジャケットなどにてポートレート、風景を中心に活動。

        

shimamoto02

主な展示会は 2008年idee galleryで「because there is light」、2009年no.12 galleryで「yellow turning gold」、2012年にはnadar 大阪で林和美さんと二人リレー展、「everything is mine」。そして2014年に初の大型個展「someday, somewhere」をPOLA MUSEUM ANNEXで開催。その他グループ展なども参加し、作品を発表している。

Website: http://www.marisashimamoto.com

■お申込み、お問合わせ

※ 定員となりましたので募集を締め切りました。ありがとうございました。

こちらのお申込みフォームからお願いします。

 

定員に達し次第募集を締め切ります。

 

上記のフォームで送信できない場合は、 このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールか電話(03-3405-0436)にてご連絡下さい(お申込み際は、お名前、ご住所、お電話番号、e-mailアドレスをご連絡ください)。 お 申込み・お問い合せ頂きましたメールには必ず返信させて頂きますので、返信のない場合、メールが届いていない可能性がございます。お手数ですが再度ご連 絡お願い致します。なお、休廊(日祝、夏期、年末年始、担当出張)などの都合により、お返事が遅れる場合がございます。ご理解、ご了承ください。

 

 

最終更新 2015/03/24 15:00
 

Copyright 2000-2017 NADAR, All rights reserved/hosted and managed by mitikusa.info