クロストークvol.1 参加者募集
クロストーク・シリーズ 写真の内側、と外側  vol.1
「 装幀写真家 」という立ち位置
林 和美 (ギャラリーNADAR主宰 装幀写真家)×小林 美香(写真研究者 marebito-school主宰)

日時 9月25日[金] 19:00-21:00
クロストーク後、懇親パーティーを催しますので、是非ご参加下さい!
※終了しました。 次回クロストークは10月23日(金)です。

 title.jpg



クロストーク・シリーズ 写真の内側、と外側  vol.1
「 装幀写真家 という立ち位置」

林 和美 (ギャラリーNADAR主宰 装幀写真家)×小林 美香(写真研究者 marebito-school主宰)

日時 9月25日[金] 19:00-21:00
場所 NADAR/SHIBUYA355 150-0002 東京都渋谷区3-5-5HAKKAビル2F http://nadar.jp
定員 20人
参加費 2000円 資料/1ドリンク込み
申し込み お問い合せ先  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
参加人数/お名前/連絡先をご明記下さい。

クロストーク後、懇親パーティーを催しますので、是非ご参加下さい!

大阪と東京の二カ所で、写真ギャラリーNADARを運営する林和美は、「装幀写真家」という看板を背負って活動し、その写真はさまざまな本の装幀に使われ てきました。ほかの作家の作品の表紙に写真を提供するという「装幀写真家」の仕事とその立ち位置とはどういうものなのでしょうか。文章を執筆する作家や本 を設計するデザイナーと協同して、本を作り出す制作のプロセスについて、林和美が写真研究者の小林美香と語ります。
写真に小説のタイトルが重ねられ、デザインがほどこされることによって、写真の印象や見方がどのように変わり、深められていくのか、作家やデザイナーが林 の写真をどのように解釈しているのか、言葉によって紡ぎだされる小説の世界へと読者を惹き付け、その内容に対する期待や想像力を膨らませる上で、一枚の写 真がどのような役割を果たすのか。「装幀」という仕事を通して発見される写真の魅力について、林和美やほかの作家の作例も交えて紹介していきます。

クロストーク・シリーズについて

クロストーク・シリーズ「写真の内側、と外側」(全4回)は、マレビトスクール(marebito-school)のキックオフ・イベントです。マレビト とは、広い意味でのアート、文化、教育活動などに関わっていて、「稀(ユニーク)」な技を持つ人のこと。独自の技を持って活動する人たちが、それぞれのス タンスを保ちながら、技や知識を共有し、伝えていくことのできるような緩やかで開かれたネットワークを作っていくことを目指しています。
さまざまなレクチャーやワークショップなどを企画する予定ですので、興味を持たれた方はhttp://marebito-school.comにアクセスしてみて下さい。

林和美 (はやし かずみ)

装幀写真家、ギャラリー「NADAR」主宰。日本図書設計家協会会員。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業後、広告代理店、フォトエィジェンシー勤務を経 て、写真ギャラリーNADAR を大阪,次いで東京に設立。展覧会、写真スクールの企画、運営、写真撮影、雑誌へ記事の執筆や書籍の企画/制作など、写真に関わるさまざまな仕事に携わっ ている。写真集に「ゆびさき」(青幻舎)、「装幀写真」(ナダール書林)、著書に「写真生活手帖」(ピエ・ブックス)がある。

http://kazumi-h.net/

小林 美香 (こばやし みか)

写真研究者 国内外の各種学校/機関で写真に関するレクチャー、ワークショップ、展覧会を企画、雑誌に寄稿。2007-08年にアメリカに滞在し、国際写 真センター(ICP)及びサンフランシスコ近代美術館で日本の写真を紹介する展覧会/研究活動に従事。著書『写真を〈読む〉視点』(2005 年,青弓社)、訳書に『MAGNUM MAGNUM』(青幻舎、2007年)、『写真のエッセンス』(ピエブックス、2008年)などがある。

http://www.mikakobayashi.com/
最終更新 2009/09/27 00:06
 

Copyright 2000-2017 NADAR, All rights reserved/hosted and managed by mitikusa.info