「キミを連れて 〜私と私のカメラ展〜」出展者募集

140805


定員に達しましたので、募集を締め切りました。
ありがとうございました。

私と私のカメラ展 3期生募集!

カメラも写真も大好き!

そんな女性たちの写真展を開催します。

カメラは道具なのだから、どんなカメラで撮ったかは写真の良し悪しとは関係がない。確かにその通りです。でも、そのカメラを気に入っているのには理由があるはずです。自分が撮りたいものを撮るのに必要な機能が備わっているから。見た目が可愛いから。手に持った時の感触が好きだから。出会った瞬間ビビビッときたから。理由は色々あって良いと思います。

あなたのお気に入りのカメラは何ですか?
そのカメラのどんなところが好きですか?

デジタルでも、フィルムでも、
思い入れのある一台でも、たまたま手にした一台でも、
あなたが見ている世界を写し撮るカメラのこと、ぜひ教えてください。

この展示は、2013年開催の1期2014年開催の2期に続いて、今年が3期目となります。私と私のカメラ展に参加したことがきっかけとなって、写真仲間が増えたというお声もいただいています。この写真展が、写真を楽しむ皆さんのご縁を繋ぐきっかけになれたら嬉しいです。

今回は女性の方限定での募集です。カメラも写真も大好きな女性の方のご参加をお待ちしております。


ゲスト作家として、3名の女性写真家をお招きします!


ゲスト作家プロフィール


nomura prof s 野村恵子
兵庫県神戸市生ま れ。大阪写真専門学校(現・ビジュアルアーツ専門学校/大阪)卒業後、渡米。LA,NewMexico州、Santa Feにて、ワークショップ等で写真を学ぶ。帰国後、ベトナム撮影を始め、1996年、初めての写真展「越南花眼」を開催。以後、本格的に写真家として活動 を開始。1997年 コニカプラザ「新しい写真家登場」特別賞受賞。1999年 日本写真協会新人賞受賞。2001年 東川賞新人作家賞受賞。

<主な作品集>
『DEEP SOUTH』(1999年/リトル・モア)
『Bloody Moon』(2006年/冬青社)
『Soul Blue』(2012年 Silverbooks/赤々舎)

 <主な展示会>
・「越南花眼」1996年 WTCコスモギャラリー他
・「Deep South」1999年 パルコギャラリー
・「Soul Blue ~此岸の日々」2013年 NADAR/OSAKA
・「赤い水」2014年 ニコンサロン

http://keikonomura.com/


shimamoto prof s 嶋本麻利沙
サンフランシスコのアートスクールで写真を学び、卒業後はニューヨークへ渡る。作品撮りをしながらマーク・ボースウィックのインターンをし、2005年帰国。帰国後写真集「as is」を出版。その後フリーで雑誌、カタログ、CDジャケットなどにてポートレート、風景を中心に活動。

<主な展示会>
・「because there is light」2008年 idee gallery
・「yellow turning gold」2009年 no.12 gallery
・「everything is mine」2012年 NADAR/OSAKA
・「someday, somewhere」2014年 POLA MUSEUM ANNEX 

http://www.marisashimamoto.com/


kumagai prof s 熊谷直子
兵庫県尼崎市出身 20歳で渡仏しパリにて写真・芸術を学ぶ。帰国後、藤田一浩氏に師事し、2003年よりフリーランスフォトグラファーとして活動を始める。ファッション、 ポートレート、風景など様々なジャンルで雑誌、広告、CDジャケットなどの撮影をするかたわら、個展などで自身の作品を発表している。最近では舞踏集団 「大駱駝艦」やダンサー笠井瑞丈氏の作品へのチラシ・ポスターなどの撮影もしている。

<主な作品集>
『anemone』(2008年/Typhoon Books)
『月刊二階堂ふみ』(2014年/朝日出版社)

<主な写真展>
・「anemone」2008年 GALLERY SPEAK FOR 
・「トウキョーランデブー」2011年 GALLERY SPEAK FOR
・「ワルツを インスパイアードバイ ヒミズ」2012年 PUBLIC IMAGE 3D
・「プロローグ」2015年 NADAR

http://kumagainaoko.com/




出展者懇親パーティーも開催します!(会費別途)
会期中の5月14日(土)の夜には、出展者懇親パーティーを開催予定です。
きっと女性同士で写真の話、カメラの話ができる写真仲間に出会えるきっかけになりますよ!
せっかくの写真展、展示を通しての出会いや交流も楽しんで下さいね。


展覧会名 「キミを連れて ~ 私と私のカメラ展 ~」
展示期間 2016年5月10日(火)~ 5月22日(日) 12:00~19:00 *最終日は16:00まで
場  所 NADAR(地図はこちら
参加要件
女性限定。写真のジャンルは問いません(展示が使用規定に抵触するものはお断りさせていただく場合がございます)
カラー、モノクロ、フィルム、デジタル、問いません。
カメラの種類は問いません。お気に入りのカメラであれば、一眼レフ、ミラーレス、コンパクト、トイカメラ等どのようなカメラでも構いません。
展示経験の有無は問いません。
初めての方でもご安心下さい(もちろん初めてでない方でも)!展示意欲のある人ならどなたでも。お友達とのご参加もOKです。制作のご相談から展示のアドバイスまで何でもお手伝いさせて頂きますので お気軽にお問い合わせ下さい!
展示作品 写真は一人一点、幅 55cm × 高さ 60cm 以内であれば自由です。写真作品の他に、お使いのカメラについての文章(400文字程度)をパネルにして展示いたします。(事前に文章をご提出いただき、パネルはナダールが作成します。)また、壁面用作品の他に、お一人さま1冊までブック(作品集)を置いていただけます。作品、展示にあたっては、お気軽にご相談ください。
展示方法 フレーム、アクリル、パネル貼りなど、基本的には自由です。ただし、テープ(両面含)などで壁に直接貼付けはできませんので、あらかじめご了承 ください。詳しくはNADARまでお気軽にお問い合わせ下さい。

搬入日

持込み搬入 = 5月8日(日)16:00までにお持ちください。
郵送搬入 = 5月8日(日)12:00-16:00必着にてお送りください。

※展示作業はこちらにお任せ頂きます。

搬出 2016年5月22日(日)16:00~
(当日ご都合の悪い方は着払いにてご返送いたします。)
参加費 11,880円(税込)
出展者全員の作品と文章をまとめたミニ写真集1冊
ギャラリー使用料 / 氏名入り展覧会DM1人30枚含む
定員 20名程度(先着順)


お申込み方法

定員に達しました。ありがとうございました。

お申込み・お問合せは、
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールにてご連絡ください。
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールか、
電話(06-6251-8108)にて ご連絡下さい。


*メールで申し込まれる場合は、
  1. メールの件名「私と私のカメラ展」
  2. 氏名(本名/作家名)
  3. ご住所/日中連絡の取れる電話番号
    (電話番号は急な連絡にも使用しますので、携帯電話の番号でお願い致します)
をご記入頂くようお願いします。
  • お申込み・お問い合せ頂きましたメールには必ずご返信させて頂きますので、 ご返信のない場合、メールが届いていない可能性がございます。お手数ですが再度ご連絡お願い致します。 また、その他、何かご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

その他、展示に関するご質問、ご相談は随時受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

出展をお悩みの方、まずは作品を持ってギャラリーに遊びにいらしてください(事前にご連絡をお願いします)。 

最終更新 2016/03/25 16:21
 

Copyright 2000-2017 NADAR, All rights reserved/hosted and managed by mitikusa.info