14年1月7日~1月19日 染谷學「道の記」
 

「道の記」 


染谷學

 

2014年1月7日(火)~ 1月19日(日)

open 11:00 - close 19:00 

*1月13日(月)休廊 

1月11日(土)18時〜レセプションパーティーを開催します。お気軽にご参加ください。

  

協力:G.I.P. Tokyo

 

140107 500px

 

此岸を撮って彼岸を見せようとするのは、多くの先達によってもなされてきた写真の定型である。そういった意味では凡庸とも言える私の写真たちであるが、この一枚一枚が他ならぬ私の視線であることは大切に思う。

「寂しさとエロさ」 言葉にしてみると、いささかおかしな感じもしないではないが、私が旅をしている時の感情はそのようなものだ。写真を撮るために訪れているとはいえ、知らない街の夕暮れは寂しい。灯り出すネオンや怪しげな暗がりに胸をざわめかせながらも、いっそうの寂しさを抱えてひとり宿で酒を飲むのが常である。

しかし、その習性のような「寂しさとエロさ」が私の写真を作ってくれているのならば嬉しいと思う。私が、人は生きて死んでいくものであると感じるのはそのような寂しさの行きつく果てだからであり、そこに彼岸を垣間見るからである。

  

作品点数

20点予定
 

 


 


染谷 學(そめや まなぶ)

1964年 生まれ
日本大学芸術学部写真学科 卒業

http://www.someyamanabu.com/


■個展
1995年「生きてゆくカレンの人々」(銀座ニコンサロン)
2000年「Calcutta」(コニカプラザ新宿)
2003年「海礁の柩」(ライトワークス)
2008年「温泉の町」(銀座ニコンサロン)
2010年「ニライ」(銀座ニコンサロン、大阪ニコンサロン)
2011年「Calcutta」(ギャラリー冬青)
2012年「道の記」(ギャラリー蒼穹舎)
2013年「道の記」Ⅱ(ギャラリー蒼穹舎)


■写真集
『ニライ』(冬青社・2010年)
『道の記』(蒼穹舎・2013年)
 

■コレクション
沖縄県立博物館美術館
日本大学芸術学部
相模原市
 

■受賞
さがみはら写真新人奨励賞2010(写真展写真集『ニライ』にて)

最終更新 2014/05/06 17:19
 

Copyright 2000-2017 NADAR, All rights reserved/hosted and managed by mitikusa.info