◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 

12年7月31日~8月5日 「LPジャケット」北浜白黒写真倶楽部

LPジャケット 

北浜白黒写真倶楽部

 

2012年7月31日(火)~8月5日(日)

open 11:00 - close 19:00

 

 

120731 1

 

120731 2

 

今、日比の生活の中で、音楽を耳にしない日はないほど、音は日常に氾濫している。その音源は、ひと昔前まではレコードが主流であった。

それは写真がフィルム全盛の時代から、そのほとんどがデジタルに移行したのと同じである。

かつて、レコードにはサイズ違いのLP盤や、SP盤などがあり、それらは写真や文字でかっこよくデザインされ、紙で作られたレコードジャケットに包まれていた。

ジャケットは試聴など無かった時代、レコードに刻まれた音をイメージされる唯一の手段であり、またお気に入りは部屋を飾るインテリアにもなった。

今回我々はレコードと同じ道を辿る銀塩写真でLP盤サイズのジャケット写真を制作してみた。

会場には、30cmスクエアの手焼きのモノクロプリントが100枚並ぶ。

まず、10人の作家が各自思い入れのある1曲を選び、その全10曲から、各曲ごとに作家それぞれがイメージを膨らまし、紙に焼き付けた。

ついついジャケ買いしたくなるような素敵な写真になるように。

 

【出展者】

荒木由美子、櫟原慎平、岡本早紀子、ゴトーマサミ、島崎園、

寺田素子、中野久美、中村亮太、藤井大、森田直

最終更新 2012/06/05 13:45
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス