◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 

12年4月17日~4月29日 「ナベカメ展vol.3」フィルムで撮ったら、レンズで焼く会


ナベカメ展 vol.3

フィルムで撮ったら、レンズで焼く会

20
12年4月17日(火)~4月29日(日)
open 11:00 - close 19:00

※4月23日(月)休廊 

※1週目と2週目で展示内容が異なります

 

【4/17〜4/22(前半)出展者】  

明地清恵 | いくたあきこ | Cana | 加茂学 | 川端良和 | 徳庄一浩
新部真利子 | 堀内弘誓 | マサ子 | みやび | 山崎勉 | 山林麻衣子

【4/24〜4/29(後半)出展者】  

芦田梨津子 | うえのゆり | 小川篤志 | 角倉大地 | たかやまかずみ | 立山陽子
橋本大和 | 藤 | HOMK | ミネヒロミ | みやしづこ | 山下幸二


 

120417kiyoe1 72dpi

120417kiyoe2 72dpi

写真/明地清恵

 

 

120417 01

2011年に開催した「ナベカメ展」の様子 



「フィルムで撮ったら、レンズで焼く」とは?


120417 02 いま、フィルムで撮った写真を印画紙にプリントするには大きく分けて2種類の方法があります。1つは、「フィルムに直接光を当て、レンズを通して印画紙に焼き付ける」というアナログ銀塩プリント(右図)。もう1つは、「一度フィルムをスキャナーで読み取り、そのデータをレーザーで印画紙に焼き付ける」デジタル銀塩プリント。もちろんスキャンすることで、それぞれの仕上がりは異なったものになるのですが、デジタルカメラとフィルムカメラ、どちらにも対応できる利便さから、現在は全国のほとんどの店がデジタル処理を行っています。

 もちろん単純に、「デジタルとアナログ、どちらがいい」というような話ではなく、デジタルとアナログのいいところ、それぞれあり選択肢として別物ですが、大阪にある町の写真屋・ワタナベカメラは「アナログ銀塩プリントでしか出せない『立体感』や『レンズごとに違う写り方の味わい』『柔らかい色』といった美しさがある」という強い信念のもと、今でも昔ながらのアナログ処理を続けています。

 『フィルムで撮ったら、レンズで焼く会』は、そのアナログ銀塩プリントを愛し、ワタナベカメラに足しげく通うお客さん総勢60人によるフィルム写真サークルです。今展はそのメンバー24人によるグループ展です。展示作品はすべてワタナベカメラによる、カラーネガフィルムからのアナログ銀塩プリントとなります。
 

 写真は『何が写っているか』が大切なのは言うまでもありません。でも、そのプリント方法・色・品質も写真を形作る大切な要素といえます。デジタル化の波と共に、「フィルム」そして「アナログ銀塩プリント」がその姿を失いつつある今だからこそ、私たち『フィルムで撮ったら、レンズで焼く会』はこの写真展を通じて、『過去の技術ではなく未だ代わりのない技術』であるアナログ銀塩プリントの魅力、そしてその作品を支えてくれているワタナベカメラの魅力をひとりでも多くの方に知っていただき、デジタルの利便性とはまた違った「フィルムの魅力を再発見」していただければと考えています。どうぞご高覧ください。



フィルムがもっと楽しくなる企画もり沢山! 

120417 03 会場には、作品の壁面展示のほか、テーブルに「ナベカメ・ファイル」を設置します。これはナベカメのお客さんであれば誰でも参加することができるファイルで、左ページに「ナベカメでプリントした写真」、右ページにアンケート項目が設けられており、それぞれが感じる「フィルムの魅力」「アナログ銀塩プリントの魅力」「自分だけが知っている写真の秘密」などについて読むことができます。年齢・性別・写真歴を越え、フィルム写真を愛する人々の想いをどうぞご覧ください。
 120417 04

また会期中には、ワタナベカメラとナダール大阪の共同企画『ワタナベカメラに行こう! 〜カラーネガフィルムがもっと楽しくなるワークショップ〜』を開催予定です。このワークショップは、普段なかなか知る機会のない「フィルムてどんなものなのか」、「どうやってプリントされてるのか」といった疑問から、「写真屋さんではどんなことができるのか」、そして自分の理想のプリントの頼み方まで学んでいただける、いわば『写真屋さんの取扱説明書』的内容です。

もちろん、せっかくワタナベカメラで行うワークショップですから、普段は見ることのない写真屋さんの機械を実際に見ていただいたり、あなたの現像済のネガをお持ちいただいて、実際に理想のプリント作りにも挑戦していただきます!詳しくは、決まり次第告知いたします。



ワタナベカメラについて

ワタナベカメラは1976(昭和51)年に豊中で開業、2006年に南森町に移転した「町の写真屋さん」です。 「フィルムで撮ったら、レンズで焼く」をモットーに、プリント方法、色、品質に徹底してこだわっており、これまで、写真家のアラーキーこと荒木経惟さんからも「ナベカメさん、素敵」とそのプリントをお褒めいただいたり、2010年にHEP HALLで開催されたプリント対決「フォトシエグランプリ OSAKA 2010」では、全国の写真屋16店の中から投票でグランプリに選ばれました。

http://nabecame.com/

 

最終更新 2012/12/19 22:39
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス