◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 

12年4月3日~4月8日 hacca photo exhibition vol.5「間」

 

hacca photo exhibition vol.5「間」

hacca

20
12年4月3日(火)~4月8日(日)
open 11:00 - close 19:00

 

araki press_300px写真/荒木由美子

 

kouchi 300px 
写真/コウチヒロコ 

 

shimada press_300px
写真/しまだかな

 

今年で活動5年目を迎える、女性四人による写真サークル「hacca」。

5年目の節目を迎えるにあたり、節目らしいテーマをと考え、その中から見つかったキーワード、

それは「間」 。

「間」とは、ポイントでもあり、ポーズでもあるとともに、物事と物事の空間的・時間的隔たりである。その隔たりが何かの気配を感じさせたり、次への展開を予感させたり、物事と物事のあいだにズレを生じさせたりして、新たな何かを創りあげていく。

はたして写真に「間」は写るのか。写真においての「間」とは何なのか。

そして、展示空間の構成全体で「間」を表現できるのか。

考えてゆくと、その表現の難しさに頭を抱えたくなる。

今まではテーマを共有しつつ、各々の解釈で表現してきたhaccaが、5回目となる今回、解釈の共有と表現に挑戦してみます。みなさまにもこの空間を共有していただけたら、幸いです。

どうぞご高覧ください。 

 

haccaメンバー:荒木由美子、コウチヒロコ、しまだかな、ハマカワミサ

作 品:カラー・モノクロ写真


 

最終更新 2012/02/08 12:36
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス