◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 


ハーフカメラ写真展 「Silver Half 〜 半分おやじ/半分むすめ 〜 」

ナダールおやじの会

20
08年12月9日(火)~ 12月14日(日)
open 11:00 - close 19:00

081209_01_72.jpg

 

青春時代にリアルタイムで撮っていたおやじたち。「レトロな見た目もかわいいし、いっぱい撮れる」とむすめたち。フォーマットは35mmフィルムの半分。半分だから、撮影できるコマは倍。半分だけど、シャッターチャンスは倍。おやじたちには懐かしく、むすめたちには新鮮な、今でも充分に魅力的なハーフカメラ。          
いつもは好きなフォーマット、好きなカメラで自由気ままに自分の世界を追求するおやじの会のメンバーが、今回はあえてそんな「ハーフカメラ」というひとつのテーマに挑みつつ、それぞれの写真の世界をたのしみながら追求する。
「歳を重ねるのも悪くない。未熟なのも悪くない。」
ぜひ、世代を超えたハーフ判写真の世界をお楽しみください。


【ハーフカメラ】
1960年代頃、フィルムの高価な時代に35mmフィルムのカメラの1コマに2枚写るお得なカメラとして登場したカメラ。現在、若い世代のあいだで、見た目の可愛さ、写りのおもしろさなどで人気が再燃。現行品は一種程度で、中古及び、押し入れの奥からでてくるものを愛用する場合が多い。


【 おやじの会 】
「とにかく写真がだいすき」な、おやじたちによりナダールで結成された写真グループ。それぞれが個性を存分に発揮しあうことで、会の活動を活性化。長年の経験に裏打ちされた技術を高めながらも、作品として成立していればどんな写真も否定せず、積極的に取り込んでいく。「おやじの会」だけど気づけば、やや若い女性メンバーも増殖中。性別、年齢を問わず、日夜しのぎを削りあう。

出展者:
杉本 征克   高橋 至郎   土橋 政昭  米戸 忠史 
川谷 直子 中瀬 麻里子  三島 佳子 和田 久美子
最終更新 2008/12/30 03:09
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス