◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 


内野雅文追悼作品展『ケータイと鏡/IDOL』

内野 雅文

20
08年5月20日(火)~ 5月25日(日)
open 11:00 - close 19:00

080520.jpg
 

2008年元旦、写真家内野雅文氏が34歳の若さで急逝されました。内野氏は大晦日から京都八坂神社にて撮影をしており、年が変わり午前1時頃に倒れ、病院に運ばれましたが明け方に帰らぬ人となりました。
内野氏は日本各地を自らの足で歩きスナップし続け、多くの作品を遺しました。氏の早すぎる死を悼み、生前に開催が決まっていたニコンサロンの個展(5月22日〜28日)にあわせ、2会場で追悼展を友人有志によって開催いたします。

NADAR/OSAKAでは彼の残したカラープリントより「ケータイと鏡」、「アイドル」などのカラー作品からセレクトした約20点を展示します。

また、ギャラリー176 (5月24日〜6月3日)では彼が住まいを移してまで没頭した京都のスナップを展示されます。「我、上洛スル」というコメントとともに残されたモノクロームの未発表の六切プリントです。

 内野雅文写真展「我、上洛スル」 at ギャラリー176
□ 会期:2008年5月24日(土)〜6月3日(火) *水曜休廊
□ 時間:12:00〜18:00(最終日は17:00まで) 



東京開催中のお別れ会とは別の日程で、大阪でもギャラリー176にて追悼展初日にお別れ会をいたします。内野氏の早すぎる死を悼み、内野君と親交のあった方々に広くお集り頂き、氏の足跡と人となりに触れる機会になればと存じます。


内野雅文さんお別れ会開催

5月24日(土) 18:00〜

場所:gallery 176
会費:1,000円

内野氏と親交のあった方々約70名から募った追悼文集をお渡しします。事前の参加予約の必要はありません。どなたでもご参加頂けます。献花、御仏前等はご遠慮下さい。普段着でお越し下さい。

主催:内野雅文の会[友人有志]




□内野 雅文
1973年    
東京都生まれ

1996年    
東京造形大学造形学部デザイン学科デザイン専攻1類写真コース卒業


内野雅文 1973-2008 Photo-Document
http://www.uchinomasafumi.com/


主な展覧会     
1999年    
個展「うりずん−沖縄先島」新宿コニカプラザ・東京

2001年    
個展「写真・内野雅文2001」(12回連続毎月写真展)ギャラリーニエプス・東京

2002年    
個展「野ざらし紀行」銀座ニコンサロン・東京

2003年    
グループ展『写真2003』「ケータイ」つくば美術館・茨城
個展「野ざらし紀行」ギャラリーナダール・大阪
個展「空と海への巡礼」再春館ギャラリー・東京

2004年  
個展「ケータイ 1996-2004」新宿ニコンサロン・東京
写真集「ケータイと鏡 1996-2004」自費出版

2005年
個展「カガミ ノ ナカ」コンテンポラリーフォトギャラリー・東京
個展「IDOLS」ギャラリーニエプス・東京
グループ展『mio写真奨励賞2005入賞作品展』
「A Train Window in spring」mioホール・大阪

1997・1999・2000・2001・2003・2004・2005年度の『ヤングポートフォリオ』(清里フォトアートミュージアム主催)において作品がコレクションされる。
最終更新 2008/04/20 21:44
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス