◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 


星の降る場所

武井 伸吾

2007年7月24日(火)~7月29日(日)
open 11:00 - close 19:00

070724.jpg

満天の星空、静かに流れる天の川、ゆっくりと軌跡を描く星々、星明りと月明りが織り成す夜の風景…。そんな“星空のある風景写真”=“星景写真”をお届けする写真展です。 星空の表情は、実に豊かです。そして、とても魅力的です。 星は、春夏秋冬、日によって場所によって天候によって様々な表情を私たちに見せてくれます。五感を研ぎ澄ますと千変万化…。それが星空の表情。それは一期一会のシーン。 せわしい日常生活に忘れかけていた様々な記憶…。星たちと過ごすゆったりとした静かで豊かな時間…。星景の幻想的な写真世界をお楽しみいただけたらと思い ます。
本写真展は、昨年9月に発売された写真集「星の降る場所」(ピエ・ブックス)出版を記念しての開催となります。同写真集より20数点をセレクトして お届けいたします。

* 7月28日(土)18:00より、ささやかながら記念パーティを開催いたします。


プロフィール
1969年神奈川県川崎市生まれ。星景写真家。
小学生の頃より星空に親しむ。1997年、極寒のモンゴルで皆既日食とヘール・ボップ彗星(C/1995 O1)を見たのを機に天体写真撮影を始める。1998年頃より天文雑誌等に作品を発表。現在は、“星と人とのつながり”をテーマに「星空のある風景写真」 =「星景写真」を中心に撮影している。
星空の美しさを捉えることはもとより、フィールドの静謐な空気感や孤独感を含め、星空の向こうに心象風景を描く。星景の幻想的な写真世界を多くの人々と共有したいと想い、撮影活動を続けている。
一方、一級建築士として建築デザインの仕事に従事している。現在、神奈川県川崎市在住。
武井伸吾Webサイト ≫ http://takeishingo.com/

■ 写真集
・ 2006年9月 「星の降る場所」(ピエ・ブックス)

■ 写真展
・ 2004年1月 「夜の調べ、星のささやき」 岡山県倉敷市科学センター
・ 2005年7月 「夜の調べ、星のささやき in 六本木」 ギャラリーバー556
・ 2007年1月 「星の降る場所」 岡山県倉敷市科学センター
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス