◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 


「pacific」

写真ガーZ

2007年2月13日(火)~18日(日)
open 11:00 - close 19:00

070213.jpg

月明かりに照らされた太平洋の海原と水平線のカラー写真、計12点。ハワイ・オアフ島のビーチから満月の夜に長時間露光で撮影。 撮影中は、月明かりの水平線に波の広がりが輝き、視線の先は、まるで風が走り抜ける草原、幻の大陸のようでした。昼と夜と陸と海とが、一体となって輝く宇宙の中で、「真夜中の白昼夢」に包まれる至福の時間でした。   昨年1年間、世界各地で様々な自然や人物の撮影をしてきましたが、この時の光が一番美しく、強く印象に残っています。


展示会場の空間演出には、NHK大阪放送局でドラマ・歌番組などの美術を手がけるプロダクションデザイナー深尾高行氏と、映像美術の株式会社つむら工芸から坂口大吾氏が参加します。空間は、写真ガーZの個展を超えた、3人のコラボレーション作品となります。通常の写真パネル展示とはひと味違った「光」を体験してください。

作家略歴
1971年、茨城県生まれ。
地方公務員家庭の一人息子として、よくある少年時代を過ごす。北国の学校で留年、フランスで一年間プラプラ。言葉に苦労し「見てわかる」ことの素晴らしさを実感、写真を撮り始める。95年、雑誌カメラマンに。2002年、活動の拠点を東京から大阪に移す。現在はドキュメンタリーとファッションを中心に撮影。代表作は、まだない。

「オハナミ」(01年10月、東京・青山/ 04年1-2月、大阪・幸町)
「SEOUL☆MODELS」(02年3月、東京・原宿/ 5月、大阪・梅田)
「てのり」(03年2-4月、京都・寺町/ 5-7月、大阪・南堀江/ 10月、東京・渋谷 池尻/
05年2-3月、大阪・東心斎橋/ 10-11月、パリ・サンジェルマンデプレ/
06年11-12月、パリ・カカンポワ通り)
「INNOCENT WIND」(03年9-12月、大阪北堀江)
「安全のしおり」(04年12月、大阪新町)
「rio」(05年3-5月、大阪・東心斎橋/ 6-7月、東京・代々木上原/06年12月、大阪・南堀江)

最終更新 2007/02/09 21:05
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス