◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 

EDEN〜終章〜

須田 一政

20
05年4月12日(火)~4月24日(日)
※4.18(月)休廊
open 11:00 - close 19:00

osk050412.jpg


暗闇の中で露光時間が過ぎるのを待っていると、自らの過去に思考が移っていく。暫しの拘束された時間は、思いがけない内省の時間になる。三脚に据えたカメラの傍らに立つ自分が過去と未来の中心になり、いま、写真と共に在ることの至福感で満たされていく。

「EDEN」は、私の住む千葉で夜景を混ぜながら撮り下ろした作品群だ。楽園という抽象的な概念を、どこまで日常の風景に浮かび上がらせることができるのかと試みたのだが、この写真を撮る孤独な時間こそが私の「EDEN」だったと実感したのである。

 

略歴:

1940年 東京生まれ
1962年 東京綜合写真専門学校卒業
1967−70年 演劇実験室・天井桟敷(寺山修司主宰)専属カメラマン
1971年 フリーとなる
1976年 「風姿花伝」により日本写真協会新人賞受賞
1983年 写真展「物草拾遺」等により日本写真協会年度賞受賞
1985年 写真展「日常の断片」等により第1回東川賞受賞
1997年 写真集「人間の記憶」により第16回土門拳賞受賞

現在:大阪芸術大学教授・東京綜合写真専門学校講師/千葉市在住

収 蔵:東京工芸大学(東京)、美術工芸美術館(西ドイツ・ハンブルグ)、東川町(北海道)、プリンストン大学(アメリカ)、川崎市市民ミュ−ジアム(神奈 川)、CENTER FOR CREATIVE PHOTOGRAPHY アリゾナ州立大学(アメリカ)、東京都写真美術館(東京)、東京国立近代美術館フィルムセンター(東京)、大阪芸術大学(大阪)、パリ写真美術館(フラン ス)、土門拳記念館(山形)、フォト・ギャラリー・インターナショナル(東京)、ツァイト・フォト・サロン(東京)、ヒューストン美術館(アメリカ)他

最終更新 2007/09/05 02:49
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス