◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 

sweet smell

宮下 マキ

02年10月22日(火)~11月3日(日) ※10.28(月)休廊
open 11:00 - close 19:00

miyashita.jpg

 

 自分の部屋で下着姿になった女性を写した「部屋と下着」で脚光を浴びた彼女の帰国初個展。彼女がニューヨークで生活して感じ得たものは、、。

*以下、作家本人のコメント

    この街はあまりにも優しい。
あまりにも美しい。
それは全てが夢であったかのように。
けして忘れる事はできない甘い、甘い香り。

 飛行機からこの街に足をおろし、そこで見たものはあまりにも張り詰めたニューヨークでしかなかった。人びとは常に不安を抱え、悲しみと怒りであふれていた。そこに私はむろんなじむ事などできず、むしろ苦痛でしかなかった。この街を好きになる事ができなかった。
寒さがやわらぎ、少しづつ、少しづつ張り詰めた空気が薄れたころ、ある日私はふと立ち止まった。聞こえてきたのはどこかの公園または車の中から流れてい るであろう、ちゃんと聞く事はできない、でもまぎれもなく美しい音楽だった。ストリートで売られている甘い、甘いピーナツの匂いの中で私はそれを聞いた。 それはごくごく日常な音であり、匂いであった。この街にはどこを歩いていても音と匂いで満たされている事に私は気付いた。この街が急に優しくなった。そし て私も優しくなれた。苦痛な日々は愛おしい日々に変わった。不安を抱えていた人びとは喜びを手に入れ、それが私にとっての甘い香りとなった。ふとよそ見を するとたくさんの事を見のがしてしまうかのように。
たくさんの人に出会った。たくさんの別れもあった。その度に甘い香りが私にシャッターを押させ、二度と忘れる事はできない記憶となった。まるで全てが夢であったかのように。。。。


++宮下マキ・パーティー&スライドショー

 

+日付:2002年10月22日(火)

+場所:NADAR

 

 

++オープニングパーティー

 

+時間:17:00〜

+参加費:無料

*終了しました。

 

++スライドショー

 

+時間:19:30〜

+参加費:1,500円(+1drink)

+定員:20名(要予約、先着順)

*終了しました。

 

 

 

最終更新 2011/09/02 05:53
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス