◉「ナダール/大阪」閉店のご案内


ナダール/大阪は、2014年12月末日をもちまして閉店いたしました。

2000年6月のオープン以来、約14年間ナダールがこのように成長させていただけましたのも、皆様のご指導とお力添えあってのことと深く感謝いたしております。 今後、場所としては東京のみとなりますが、関東・関西に限らず、「写真を真ん中に、人に笑顔を」を目指して、頑張ってまいります。 今後ともナダールをご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

なお、皆様に愛して頂いたNADAR/OSAKAの場所(大阪農林会館B1F)で、2015年よりナダール/大阪の元マネジャー橋本主宰による新しい写真ギャラリー「ソラリス」が誕生する事になりました。ナダール同様、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ナダール代表 林和美 

スポッティング・ワークショップ参加者募集

スポッティング[spotting]

ネガに埃(ほこり)がついたまま引伸すと、完成された写真には白い線や点が、跡になって残り見苦しい。この跡をスポット筆で埋めていく作業がスポッティングである。《後略》

ー 写真用語辞典 改訂版(日本カメラ社)より

 

モノクロプリントは暗室でプリントして終わりではありません。もしも画面上にやむを得ず出来てしまった白いホコリ跡やキズ跡があれば、筆で目立たないように修正していきます。そんなモノクロプリントの仕上げに欠かせない作業『スポッティング』。

 

120901

 

もちろん写真は何が写っているかが大事です。しかし、どんなに素敵な写真も意図せぬ白い線や点があるとどうでしょう。見る側はそれが目に飛び込んでしまい、せっかくの「写真の世界」に集中ができません。これは、見る側にとっても、作者であるあなたにとっても、そして写真にとっても不幸なことです。
 

決して派手な技術ではありませんが、あなたの写真の魅力を縁の下から支える、なくてはならない『スポッティング』。このワークショップでは、講師に写真家・河合止揚さんをお迎えし、実践とともにそのコツをレクチャーします。また、参加費にはスポッティング筆代も含まれてますので、とってもお得!


「スポッティングはするけど、苦手で‥‥」、「スポッティングしたことないんです」、「もっとスポッティングがうまくなりたい!」という方は、ぜひご参加ください!
 

定員に達したため、募集を締め切らせて頂きました。

 spotting banner

 

 

 

スポッティング・ワークショップ


● 日時

2012年11月24日(土) 19:30〜21:30頃(約2時間を予定)

※受付開始は10分前から

 

● 会場

NADAR/OSAKA(地図はこちら


● 持ち物

スポッティングしたい、ホコリ跡・キズ跡のあるプリント

※作業スペースに限りがありますので、10"x12"(四切)程度のサイズまでのプリントでお願いします

 

● 定員

6名程度(予約先着順)

 

● 講師

河合止揚(写真家)

 

● 参加費

1,000円(筆代含む)

 

 

●お申込み/お問合せ先 

 

定員に達したため、募集を締め切らせて頂きました。


お申込み・お問合せは このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください までメールか電話(06-6251-8108)にて下記のご連絡お願い致します。
  
  1. 件名「スポッティング」
  2. お名前
  3. ご連絡先として、お電話番号


お申込み・お問い合せ頂きましたメールには必ず返信させて頂きますので、3.4日経っても返信がない場合、メールが届いていない可能性がございます。お手数ですが再度ご連絡お願い致します。

 

最終更新 2012/10/26 21:33
 

サイトマップ

OSAKA - NADAR/OSAKA

地図・アクセス

TOKYO - NADAR/TOKYO

地図・アクセス